花田少年史


一色まこと先生の作品
アニメは2002年の10月から半年の間放送されていました

「ピアノの森」も一色先生の作品と知り、ちょっと驚き
世界観は似通っているかなぁ
なんて思います

「花田少年史」
泣けるし、笑えるし、考え込めさせられるし(変な表現)
まるでチャップリンの映画のよう

「街の灯り」なんて
笑いなくては見れないし、ラストシーンは涙もの
思い出した今も目頭が熱くなっています

現在のような時代背景では絶対に描き出せない花田少年の純朴さ

こういったアニメをいつでも見れるっていい時代です

コメント

タイトルとURLをコピーしました